TOP > 


石垣島ツアー

沖縄県スキューバダイビングおすすめポイント

沖縄県スキューバダイビングポイントはいろいろありますが、ここでは沖縄本島のスキューバダイビングポイントを紹介します。

沖縄本島はビーチダイビング、ボートダイビング共に見ることができる生物には、ほとんど差はありません。

船酔いが苦手な方はビーチダイビングでも十分に楽しめます。

●沖縄県スキューバダイビング沖縄本島ビーチダイビングポイントその1「砂辺」

一面に広がるソフトコーラルはまるでお花畑のようです。魚の数も多く、初心者からベテランまで楽しめます。浅場ではキンチャクガニやモンツキカエルウオなどを見ることができるときもあります。

●沖縄県スキューバダイビング沖縄本島ビーチダイビングポイントその2「真栄田岬」

沖縄本島で一番有名なビーチポイントです。海の中はツバメウオの群れやグルクマの群れ、ヤシャハゼ、ネジリンボウなどが見られます。ここには洞窟があり、青く差し込む光がとてもキレイです。


●沖縄県スキューバダイビング沖縄本島ビーチダイビングポイントその3「瀬良垣アウトリーフ」

少しの水面移動後、一気に−30mまで落ちる豪快なドロップオフ。深場ではオキナワサンゴアマダイ、スジクロユリハゼ、アケボノハゼなどが見られます。浅場には様々なギンポやカエルウオが生息しており、地形・生物共に大満足なポイントです。


●沖縄県スキューバダイビング沖縄本島ビーチダイビングポイントその4「瀬良垣インリーフ」

体験ダイビングなどでよく利用されるポイントです。デバスズメダイの群れやチョウチョウウオなど沖縄を代表するような魚がたくさんいます。水深が浅いので光が入るととてもキレイです。初心者やブランクダイバーにもオススメです。


●沖縄県スキューバダイビング沖縄本島ビーチダイビングポイントその5「崎本部 〜ゴリラチョップ〜」

北風の吹く冬場に大活躍する場所で、白い砂地に根が点在する癒し系のポイントです。ヒレナガネジリンボウやヤシャハゼなどが浅い水深で見ることができ、冬場にはコブシメの産卵やニシキフウライウオなどレアな生物が見られることもあります。

●沖縄県スキューバダイビング沖縄本島ビーチダイビングポイントその6「東海岸 〜レッドビーチ〜」

沖縄本島の東側にあり西海岸の海とは違った生態系を持っています。泥地のため透明度があまり良くない時もありますが、水深も浅く西側では見られない生物も観察できます。泥ハゼやウミウシも豊富で、ミミックオクトパスも高い確率で観察することができます。


◎沖縄県スキューバダイビング沖縄本島ボートダイビングポイントその1「山田ポイント」

港から5分で着くポイントです。 ユビエダハマサンゴの群生が見事で、日本で見られる
クマノミ6種類全てを1ダイブで見ることができます。 ウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュウウミウシ)が見られることもあります。初心者にもオススメのポイントです。


◎沖縄県スキューバダイビング沖縄本島ボートダイビングポイントその2「恩納ポイント」

沖まで伸びたクレパスが見事です。このクレパスを抜けていくとカマスの群れが迎えてくれます。岩陰にはハタンポの群れやアカククリの群れが見られます。過去には水中でクジラを見た人もおり、驚きのポイントです。


◎沖縄県スキューバダイビング沖縄本島ボートダイビングポイントその3「万座毛」

エントリー後三つの大きな根が現れます。それぞれの根にたくさんの魚が生息しており、一番大きな根にはオオモンイザリウオやカマス、スカシテンジクダイの群れがいます。深場ではアケボノハゼ、ピグミーシーホースなどが見られます。魚影の濃いポイントです。


◎沖縄県スキューバダイビング沖縄本島ボートダイビングポイントその4「万座ドリームホール」

沖縄を代表する地形ポイントです。縦穴を降りていくと大きなホールがあり、上を見上げると光のシャワーが。横に伸びた穴を進むと青い出口がありはタンポのカーテンが迎えてくれます。晴れた日は最高にキレイで、一度は潜ってもらいたいポイントです。


◎沖縄県スキューバダイビング沖縄本島ボートダイビングポイントその5「ホーシュー」

地形・生物共に面白いポイントです。豪快に落ちるドロップオフにはイソマグロなどの回遊魚が回ってくる事もあります。レアな生物の出現も多いポイントで、深場にはクジャクベラ、アケボノハゼなども見られます。

◎沖縄県スキューバダイビング沖縄本島ボートダイビングポイントその6「真栄田岬」

沖縄本島で一番有名なビーチスポットでもありますが、ボートで潜ることもできます。ビーチエントリーでは行けない「もぐりんポイント」などを潜ることができます。もちろん青の洞窟にも行けますよ。階段が苦手な方にはボートがオススメです。


関連エントリー